現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > Visual LANSA IDE の機能拡張 > 新しい組み込み関数 > 数値と文字のマスキングの正規表現

数値と文字のマスキングの正規表現

新しい文字列組み込みメソッドIsMatchは、パラメータpattern 及び resultを使用して、電子メールアドレスの書式設定の正規表現を処理することができます。

例えば、IPアドレスの検証をする場合:

#STD_TEXT.IsMatch

Pattern("^(?:(?:25[0-5]|2[0-4][0-9]|[01]?[0-9][0-9]?)\.){3}(?:25[0-5]|2[0-4][0-9]|[01]?[0-9][0-9]?)$")

Result(#Label1)

 

#STD_TEXT = 12.13.14.15 の場合は TRUE が、#STD_TEXT = a.b.c.d の場合は FALSE が戻ります。

正規表現という言葉は、一致するテキストのパターンを表現する、特定の標準的なテキスト構文を意味するためにしばしば使用されます。正規表現のパターンはターゲット文字列と一致します。

一般的な正規表現を構築、テスト、検証、およびコピーするには、https://regexr.com/ のWeb サイトや類似のWeb サイトを使用してください。