現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > LANSA バージョン14の新機能 > Web 開発のための Visual LANSA

Web 開発のための Visual LANSA

LANSA バージョン 14 では、Web の言語や技術を習得する必要なく、レスポンシブな Web アプリケーションを構築するための新しいバージョンの Visual LANSA を提供します。

このVisual LANSA の新しい Web 開発機能により、デスクトップ (リッチクライアント) アプリケーションに使用されるのと同じ RDMLX 構文を Web ベースのアプリケーションの構築に使用することができるようになりました。これらのアプリケーションは全て Visual LANSA の RDMLX 言語でコーディングすることができ、HTML や JavaScript、カスケードスタイルシート (CSS) といった典型的なメインストリームのWeb開発のコーディングに関する知識は必要としません。

ほとんどの LANSA ベースの Web アプリケーションは、必要に応じてデータベースアクセスと特定のサーバーファンクションの実行のためにサーバーの呼び出しを行いながらブラウザで実行されます。アプリケーションは全て Visual LANSA 統合開発環境 (IDE) 及び WYSIWYG デザイナ、LANSA 提供のビジュアル・コントロールを使用して RDMLX で記述されています。LANSA を使用した Webアプリケーションの開発及び保守が、これ以上ないほど簡単になりました。

Visual LANSA は新しい Web 機能を使用した たくさんのサンプルアプリケーションと RDMLX で記述されたサンプル例を提供しており、これらはすべて Visual LANSA IDE の中からアクセスできます。

Web のデスクトップ・ユーザー・エクスペリエンス

全ての Web 開発を一つの言語で

Windows 及び Web 開発を一つのスキルセットで

Web 開発のための Visual LANSA