現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > LANSA バージョン14の新機能 > Visual LANSA が Amazon クラウドで使用可能

Visual LANSA が Amazon クラウドで使用可能

Visual LANSA アプリケーションが、Amazon Web Service クラウド (AWS) で開発、実行できるようになりました。

https://aws.amazon.com/marketplace/seller-profile?id=9f921b00-896f-4fe6-b270-85e1599846a8(英語) も参照してください。

2015-12-11_10-12-49

Amazon クラウドで使用可能なものは以下の通りです:

LANSA アプリケーション開発

Visual LANSA 統合開発環境は クロスプラットフォーム開発のための一連の総合的な Windows ベースのツールを提供しています。Windows、IBM i 、Linux、及びモバイルデバイス向けのアプリケーションを構築することができます。

製品には Visual LANSA IDE、Visual LANSA フレームワーク、及び適切な LANSA Integrator サービスのセットが含まれ、開発とテストのライセンスが付与されます。

 

LANSA アプリケーションの配布と実行

スケーラブル・ライセンスと呼ばれる、既にライセンスされた LANSA スタックがあり、それを用いて、自動的に測定を行い、LANSA ベースのアプリケーションをAWSクラウドに配布及び実行することができます。

LANSA ベースのアプリケーションの為に、LANSA のスタックを AWS 内に基本的に 1 クリックで作成することができます。自動計測の、複数のデータセンターである LANSA スタックは、高可用であり、対障害性(フォールト・トレラント)となっています。自動的にインストール、アップグレード、パッチ適用、Windows アップデート適用がなされます。本番使用の為に完全にライセンス提供されています。

 

サブスクリプションの価格設定は時間ベースです。スケーラブル・ライセンスの価格は、仮想マシンの CPU 性能によって決定されます。

https://aws.amazon.com/marketplace/seller-profile?id=9f921b00-896f-4fe6-b270-85e1599846a8(英語) も参照してください。

 

クラウド・ライセンスのメリット

LANSA クラウドのしくみ

Amazon マシンイメージに含まれるもの