現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > LANSA バージョン 14 SP1 の新機能 > インストール/アップグレード/配布の機能拡張 > オプションの省略値

オプションの省略値

ファイル転送や構成のオプションの多くは、Windows スタートメニューフォルダのファイル名に基づいて省略値が設定されるようになりました。つまり、クリックが必要なオプションがより少なくなりました。指定が必要となる必須オプションは太字で表示されます。

Windows スタートメニューフォルダ(これ自体がルートディレクトリとして使用される)は以下の値の省略値を設定するのに使用されます。

 

以下のオプションについては省略値が設定されます。

 

以下のオプションについては値を指定する必要があります。

 

注:IBM i 言語オプションや LANSA Open 変換テーブル は PC の言語に基づいて設定されます。