現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > RESTFul Web サービス > RESTFul Web サービスの使用

RESTFul Web サービスの使用

Web サービスを使用すると、さまざまなサードパーティによって提供される機能を使用して、アプリケーションおよびビジネスプロセスを拡張することができます。

たとえば、アプリケーションで住所を地理座標(緯度と経度)に変換する必要がある場合は、Google Maps Geocoding APIを使用します。

Web サービスを利用することができれば、他の方法では提供できない非常に有用な追加機能を顧客に提供することによって、アプリケーションに大きな価値を加えることができます。

RESTFul Web サービスとは?

最新の Web サービスのほとんどは RESTful Web サービスです。

REST(Representational State Transfer)は、Web サービスを構築するためのアーキテクチャスタイルです。RESTの伝送は常に HTTP 経由で行われます(SOAP とは異なります)。HTTP 動詞(GET、POSTなど)は、要求されている操作の種類を示すために使用されます。REST リクエストの入出力は、通常 JSON テキストです。

REST Web サービスは、一般にシンプルで簡単に構築できます。REST の人気は、SOAP の複雑さ(そして膨大な性質)を十分に経験してきた開発者からもたらされたとよく言われています。

詳しくは Web サービスの使用 のマニュアルを参照してください。

次に JSON パースを参照してください。