現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > より簡単な RDMLX 使用のためのラップされたインテグレータサービス

より簡単な RDMLX 使用のためのラップされたインテグレータサービス

 

いくつかの JSM サービスでは、単純なメソッド呼び出しでコマンドを呼び出すことができるようになりました。さらに、より一般的なワークフローが提供され、単一のルーチンを呼び出して完全な JSM サービス・トランザクションを実行します。

これらの新しいオブジェクトは、サンプルとサンプルに同梱されています。

コマンド

JSM サービス・コマンドの再利用可能パーツは、サービス内の各コマンドのメソッド・ルーチンを提供します。それらを使用して、サービスに関連付けられた一連のメソッドルーチンを呼び出すことによって、独自のワークフローを構築することができます。  

たとえば、ZipServiceを使用すると、JSMOpenandLoad、ZipOpen、ZipAddFile、JSMCloseandUnload の各メソッドを呼び出して、zip ファイルとその中にあるファイルを開くことができます。

ワークフロー

JSM サービス・ワークフローの再利用可能パーツは、上記の例のように、一般的に使用されるワークフローをメソッド・ルーチンへの単一の呼び出しとして提供します。  各ワークフローは、JSM サービス・コマンド・ルーチンの一連の呼び出しです。

場合によっては、サンプルをコピーして独自の要件に合うよう変更する必要があります。  例えば ExcelService の場合、Excel データの特定の形式(列の数、データの種類など)は RDMLX コードでカスタマイズする必要があります。