現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > LANSA DevOps と配布 > 配布ツールの変更 > パッチメカニズムの変更

パッチメカニズムの変更

全てのファイルが個別にパッチされるようになりましたが、JavaScript ランタイムは完全なファイルセットとしてのみパッチされます。

LANSAランタイムはパッチに含まれる可能性があります。

重大な警告が混沌とした中に隠れてしまわないよう、警告の数を少なくしました。以下の警告は生成されなくなりました:

後のファイルバージョンのDLLを持つオブジェクトのみが変更されます。他の実行可能オブジェクトはパッチ適用のために考慮されません。

パッチはもはや累積的ではありません。つまり、重要なパッチを配布し、後からこのパッチに基づく単一のDLLだけを含むパッチを適用することができます。

パッチは、バージョンまたは別のパッチに依存します。ターゲットシステムには、親パッチまたはそれ以降のパッチがインストールされている必要があります。

パッチのインストールを高速化するために、リポジトリ定義は、パッチの作成時に [インポートのインストール] オプションが選択されている場合にのみインポートされます。