現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > LANSA DevOps と配布 > 配布ツールの変更 > 新しいテーブルデータ処理オプション

新しいテーブルデータ処理オプション

ALTER TABLEを使用してテーブルを変更するようにパッケージのインストールを要求することができます。テーブルの変更には、データのロードおよびアンロードは必要ありません。変更の種類がサポートされていない場合は、自動的にユニバーサルデータ処理と呼ばれる元のメカニズムに戻ります。

テーブルのアップグレードプロセスは、独自のSQLで完全に置き換えることができます。たとえば、SELECT INTO スタイルのロジックを使用して、ALTER TABLEを使用しても更新できない非常に大きなテーブルを、より迅速に更新することができます。