現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > Visual LANSA IDE の機能拡張 > 新しいソースコードのフォーマット・オプション

新しいソースコードのフォーマット・オプション

 

識別子の大文字小文字設定を調整

このオプションは、省略値では選択されますが、識別子(変数、メソッド、プロパティ、イベント名)をその定義に基づいてフォーマットします。

以下のようにメソッドを定義し:

MthRoutine Name(MyMethod)

 

以下のように使用したい場合:

#COM_OWNER.mymethod

 

自動的に以下のようにフォーマットされます:

#COM_OWNER.MyMethod

 

引用符なしの文字列を自動変換

このオプションは、省略値では選択されますが、RDML が引用符なしの識別子を大文字の文字列として扱うことを強調します。したがって、

#STD_TEXT := hello

 

は以下と同じことになります:

#STD_TEXT := "HELLO"

 

多くのユーザーはこれを知らず、例えば次のように入力します。

#COM_OWNER.Caption := STD_TEXT

 

STD_TEXTがフィールド(#STD_TEXT)であることを示すためのハッシュ記号なしでは、引用符付きの文字列として扱われます。

このエラーを回避するため、エディタは文字列を次のように変更するようになりました:

#COM_OWNER.Caption := "STD_TEXT"

 

行を離れるとすぐに変更されます。