現在地: LANSA バージョン 14 SP2 の新機能 > LANSA DevOps と配布 > アプリケーションの配布

アプリケーションの配布

アプリケーションをクラウドに配布するには、配布するオブジェクトのリポジトリリストを作成する必要があります。アプリケーションに他の変更が加えられても、リスト内のオブジェクトのみが配布されます。

展開する前に、クラウド環境を設定する必要があります。Visual LANSA 評価システムをインストールした場合、またはプレミアム層の機能を有料で使用している場合は、環境が自動的に設定されます。また、自分でクラウド環境を設定することもできます。方法の詳細については、 LANSAアプリケーション配布ツール のマニュアルを参照してください。

アプリケーションを配布するには:

1.  アプリケーションのリポジトリリストを作成します。リストはお気に入りに追加する必要があることに注意してください。

2.  オブジェクトを全てリストに追加します。アプリケーションで使用する全てのテーブルとサーバーモジュールを忘れずに含めてください。

3.  次に、お気に入りのタブでリストを選択し、左上のドロップダウンから、[配布]を選択します。

4.   [配布]メニューのオプションは、現在のリポジトリ リストを配布します。これは、version 1.0.65535 というパッケージを作成します。このパッケージは、上記の手順1で作成したリストのOL13など、リストの識別子と同じ名前で配布ツールのアプリケーションに表示されます。[配布] メニューオプションは MSI を構築せず、リポジトリリストからすべてのオブジェクトを集めるだけということに注意してください。

5.  配布が完了したら、アプリケーションの URL を使用して配布した変更を確認してください。

複数のリストをクラウド環境に配布できることに注意してください。各アプリケーションは、リストが相互に排他的である限り、引き続き機能します。ただし、クラウドがスケールアウトすると、最後に配布されたリストのみがインストールされるので、配布ととテストを単一の配布リストに限定する必要があります。