フィールドをコピーする方法と、フィールドを参照する方法

既存のフィールド定義をリポジトリにコピーする方法と、フィールド定義の一部として参照フィールドの機能を用いる方法の違いを説明しておきましょう。

フィールド定義を「コピーする」とは、既存のフィールドの特性をそのまま複製するということです。すなわち、同じ内容の定義が2つできることになります。ヘルプ・テキスト、妥当性規則、トリガー、ビジュアライゼーションも同様にコピーできます。後でコピー元のフィールド定義を修正しても、コピー先フィールドには影響がありません。

一方、「参照フィールド」の機能は、フィールド間を関連づけているに過ぎません。参照元フィールドの定義を変更すれば、参照先にも反映されます。参照フィールドの機能を使っていったんフィールドを定義すると、継承された特定の特性を変更することはできません。なお、ヘルプ・テキスト、妥当性規則、トリガーは、参照元フィールドから「コピーする」ことができるだけです。

参照フィールドには、参照元フィールドのビジュアライゼーションは適用されません。

重要な注意点: 参照フィールドに妥当性規則を追加したりヘルプ・テキストを変更したりしても、これは詳細内容の「参照」ではなく「コピー」なので、自動的に反映されることはありません。

次のトピックも参照してください。

参照フィールド