ビジュアライゼーションの種類

フィールドのビジュアライゼーションにはいくつもの種類があります。フィールドの種類や取りうる値に応じて、適切なものを使ってください。
次のような種類があります。

編集ボックス

フィールドをコンポーネントに追加する際、特に明示しなければ、編集ボックスの形で表示されるようになります。

長さ、幅その他の設定については、省略値を変更することも可能です。これは他の表示方法についても同様です。

プロンプタつき編集ボックス

フィールドに対してプロンプタ・コンポーネントを定義できます。これはユーザー定義の再利用可能パーツです。フィールドにプロンプタがある場合、省略記号 (...) ボタンが編集ボックスに追加され、ユーザーがプロンプタを表示できます。

実行時このプロンプタ・ボタンがクリックされると、プロンプタ・コンポーネントが開き、その中から値を選択できるようになります。

ラジオ・ボタン

いくつかの選択肢の中から1つだけ選択する場合に使います。

チェック・ボックス

値がTRUEかFALSEのいずれかである場合に使います。

リスト

複数の選択肢の中から1つ選択する場合は、リストまたはドロップダウンとして表示できます。

スピン編集ボックス

数値フィールドの場合に使います。

トラック・バー

数値フィールドで、内容的に適切である場合に使います。

プログレス・バー

数値フィールドで、内容的に適切である場合に使います。

日付/時刻ピッカーとカレンダー

DateTime 型のフィールドは、ドロップダウン式の日付/時刻ピッカー、またはカレンダーとして表示できます。

再利用可能パーツ

画面表示用に、独自に定義した部品のことです。
 

リストに埋め込んだ場合の表示

リスト (グリッド、リスト・ビュー、ツリー・ビュー) に埋め込まれたフィールドは、次のような形態で表示できます。

 

リスト (グリッド、リスト・ビュー、ツリー・ビュー) に埋め込まれただフィールドは、次のような形態で編集できます。