チェック・ボックス

フィールド名

ACTIVE (Alpha 1)

説明

フィールドをフォーム上にチェック・ボックスとして表示します。

使用

ブール型(TRUE/FALSE)の値を取るフィールドのビジュアライゼーションに使います。

フィールド・コンポーネントのソースに、ピックリスト・ビューの設定 (PRIM_EVPL) お よびピックリストの定義を追加します。この2つは別々のクラスであることに注意してください。「Yes」および「No」の2項目をピックリストに追加し、PRIM_EVPLのAppearanceプロパティをCheckBoxに変更します。いったんフィールドを保存し、フォーム上でVisualPicklistクラスを使います。

フィールドのソース

Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_OBJT)

 
Begin_Com Role(*picklist) Name(#Picklist)
 
Define_Com Class(#PRIM_PKIT) Name(#Item_1) Caption('Yes') Default(True) Parent(#Picklist) Value(1)
Define_Com Class(#PRIM_PKIT) Name(#Item_2) Caption('No') Parent(#Picklist) Value(0)
 
End_Com
 
Begin_Com Role(*Visual #PRIM_EVPL) Name(#VisualPicklist) Appearance(CheckBox) Defaultvisual(True) Height(69) Width(209)
 
End_Com
 
End_Com

 

フォームのソース

Function Options(*DIRECT)

 
Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_FORM) Clientheight(130) Clientwidth(492) Height(157) Left(304) Top(155)
 
Define_Com Class(#ACTIVE.VisualPickList) Name(#ACTIVE) Displayposition(1) Height(25) Left(160) Marginleft(50) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(1) Top(32) Width(129)
 
End_Com

 

外観

注:

チェック・ボックスをクリックすると、次の規則に従い、ピックリスト項目に設定された値がフィールド値になります。