インターフェースとモニター

新しいビジュアライゼーションをサポートするために、3つの新しいインターフェースが定義されました。インターフェースは、2つのオブジェクト間の契約と考えることができます。インターフェースを実装するオブジェクトは、インターフェース定義に指定された機能を提供することを「約束」します。それにより、通信相手のオブジェクトは、そのインターフェースが実装されていることを認識し、特定のメソッドの呼び出しが可能であると「知る」ことができます。LANSAでは、実装者がメソッドを再定義しているかどうかは確認されません。必要なメソッドが呼び出されたにもかかわらず再定義されていない場合は、実行時にエラーが発生します。

継承とは異なり、1つのコンポーネントに2つ以上のインターフェースを実装できます。これにより、1つのコンポーネントで、要件に応じて複数の動作をサポートすることができます。

インターフェースを使用するには、次に示すように、*Implementsとインターフェース名を追加します。

Begin_Com Role(*Extends #Prim_panl *implements #Prim_dc.iMonitorSubject)