Prim_DC.iContextualSubject

iContextualSubject を実装すると、ビジュアライゼーションを2つ以上のフィールドで再利用できるようになります。通常、ビジュアライゼーションは自身が表すフィールドに固有ですが、コード・テーブルなど場合によっては、同じ再利用可能パーツを複数のフィールドに使用すると大いに役立つことがあります。

OnContextChanged – OnContextChangedは、ビジュアライゼーションが最初に初期化されたとき、または基となるデータクラスが変更になった場合(グリッド内の別の列など)に実行されます。ReadonlyShowError プロパティなど、フィールドの特定の機能が変更された場合にも呼び出されます。ビジュアライゼーションを使用するインスタンスへの参照が、Context入力マップで受け取られ、コンテナの機能へのアクセスが提供されます。