論理ビューの考え方

論理ファイル(あるいは論理ビュー)は、物理ファイルとは別のやり方でデータを編成するために使います。実データそのものを格納するわけではありません。例えば、顧客番号をキーとする顧客データ・ファイルに対し、顧客名でも検索できるようにしたいことがあります。このような場合は、顧客名を基準として並べ替えた、論理ファイルを定義してください。なお、この論理ファイルを削除しても、データ自体は削除されず、物理ファイル(テーブル)に保存されたままです。

論理ファイルの定義は、ファイル定義の過程で行います。先に物理ファイルを定義しておき、それをもとに論理ファイルを定義することになります。論理ファイルは定義するだけで作成も済んだことになりますが、基底とする物理ファイルの定義の枠内に限定されます。ひとつの物理ファイルに対して複数の論理ファイルを定義することも可能です。

論理ファイルの定義には、ファイル名とキー・フィールドの指定が必要です。IBM iデータベースの場合は、アクセス経路の維持に関するオプションも指定できます。さらに、物理ファイルのレコードのうち、どれを含めどれを除くかを表す、選択/除外の基準を設定できます。 

実際にLANSAでの開発に着手する前に、データベースとファイル定義に関する基本的な考え方を理解しておくことが大切です。詳細については、『IBM Programming Database Guide』など、データベースに関する資料を参照してください。

リポジトリにおいて、論理ファイルはファイル定義の一部であって、独立した実体ではありません。論理ファイルを作成、編集するためには、対応する物理ファイルを開く必要があります。

次のトピックも参照してください。

論理ファイルの例

論理ファイルに関する検討事項