仮想フィールド定義の手順

仮想フィールドは、リポジトリに対して行うファイル定義の一部であって、特定のファイルにアクセスする場合に限り可視になります。一般のフィールドと同様、仮想フィールドをファイルに追加するためには、あらかじめリポジトリに定義しておく必要があります。命名規約に従うならば、例えば「xxxxxxVIR」という9文字の名前になるので、ひと目で仮想フィールドであることを識別できるでしょう(「フィールド名の標準化」を参照)。

コードを使って派生する仮想フィールドの場合、適切な入力フィールド/オプションを使ってその旨を設定しなければなりません。IBM iの場合、仮想コードはRPGで記述します。一方、WindowsなどのようにCを使うプラットフォームもあります。

仮想フィールドを実際に使う際は、「仮想フィールドに関する検討事項」も参照してください。

拡張定義を使って仮想フィールドを定義する手順は以下の通りです。

1.  フィールドをリポジトリに定義しておいてください。

2.  このフィールドをファイルに、仮想フィールドとして追加します。

3.  仮想フィールドの種別を選択します。

4.  さらに、その他の設定事項を指定します。

この後、必要に応じ、仮想フィールドの妥当性規則を追加してください。

次のトピックも参照してください。

『LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「仮想フィールド定義

Visual LANSA ユーザーガイド』の「[ファイル一覧] タブ