トリガー・ポイント

「トリガー・ポイント」とは、どの時点でトリガーがかかるか、を表します。次のような設定が可能です。

ファイルを開く/閉じる前/後

(論理)ファイルを開く/閉じる直前/直後にかかります。

読み込み(入力)の前/後

ファイルからレコードを読み込む直前にかかるトリガーの場合、その時点ではまだ読み込まれていないので、トリガー・ファンクションはその内容を参照できません。一方、読み込み後のトリガーは、読み込み処理の起動元に制御が戻る直前にかかります。

挿入/更新/削除の前

新規レコードをファイルに挿入する/ファイル内のレコードを更新する/ファイルから既存のレコードを削除する直前にかかります。

挿入/更新/削除の後

新規レコードをファイルに挿入した/ファイル内のレコードを更新した/ファイルから既存のレコードを削除した直後にかかります。更新直後の場合、トリガー・ファンクションでは、更新前と更新後の、両方のレコードを参照できます。

トリガー・ポイントは充分に検討した上で設定する必要があります。ある操作の直前にかかるトリガーの場合、その操作が成功するとは限らないので、失敗した場合の処置も考えに入れておいてください。

次のトピックも参照してください。

『LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「トリガー・ポイント