バッチ制御に関する検討事項

2つのファイル間にバッチ制御の定義をした後、いずれかのファイルを削除する場合は、事前にバッチ制御の定義を削除しておく必要があります。

バッチ制御やトリガーの機構は実フィールドに対して働き、事前結合フィールドは仮想フィールドの一種として実現される、という違いを把握しておくことが大切です。データベースの設計によって、同じ機能をどちらで実装すればよいか、向き不向きが異なる場合があります。

バッチ制御と同等の処理を行うファンクションを用意し、ファイル単位のトリガーにより起動する、という実装方法も考えられます。この方法は、トリガー・ファンクションを手入力で記述する必要があります。しかしどのような処理でも記述でき、適応性の面でも優れているので、可能であればこの方針で実装するようお勧めします。

集計処理は、事前結合フィールドを使って実現することも可能ですが、次のような違いがあることに注意してください。バッチ制御は、合計値を既存の実フィールドに格納します。集計元のファイルを更新すれば、合計値にも自動的に反映されます。一方、事前結合フィールドを使う場合、合計値は実フィールドではなく、仮想フィールドに格納されます。また、実際に合計値が計算されるのは、ファイルにアクセスした時点です。

バッチ制御は、RDMLファイルでは完全にサポートされています。しかし、RDMLXファイルで使用する場合、RDMLキーとターゲット/ソース・フィールドでのみ機能します。