アクセス経路の例

ファイル定義の過程で、アクセス経路を定義する例を紹介します。

次に示す、互いに関連した4つのファイルがあるとしましょう。

ファイル:

 

ORDHDR

ORDLIN

CUSMST

PROMST

説明:

 

注文の頭書き

注文の明細行

顧客マスター

製品マスター

フィールド:

 

ORDNUM CUSTNO DATE

ORDNUM ORDLIN QUANTY PRODNO

CUSTNO NAME ADDR1 ADDR2 ADDR3

PRODNO DESC PRICE TAXRTE

プライマリ・キー

1

ORDNUM

ORDNUM

CUSTNO

PRODNO

2

 

ORDLIN

 

 

論理ビュー:

 

ORDHDRV1O

RDLINV1

 

 

そのキー

1

CUSTNO

PRODNO

 

 

 

このデータベースを順にたどって必要な情報を取得できるようにするためには、次のアクセス経路を定義する必要があります。

定義名

アクセス経路名

このルートを経由してアクセスするファイル

想定する最大レコード数

レコードが見つからなかった場合の動作

アクセスに使うキー・フィールド/値

ORDHDR

ORDHRT1

ORDLIN

99

IGNORE

ORDNUM

ORDHRT2

CUSMST

1

ABORT

CUSTNO

ORDLIN

ORDLRT1

ORDHDR

1

ABORT

ORDNUM

ORDLRT2

PROMST

1

ABORT

PRODNO

CUSMST

CUSMRT1

ORDHDRV1

9999

IGNORE

CUSTNO

PROMST

PROMRT1

ORDLINV1

9999

IGNORE

PRODNO

 

この表を見ると、アクセス経路の連鎖をどのようにたどっていくかがわかります。例えばPROMST(製品マスター)を起点とすると、次のような経路が見つかります。