事前結合フィールドの使用例

例1

注文処理の際、顧客の詳細情報を検索、表示する例です。

注文ファイルに対する入出力が発生すると、顧客の詳細情報を表す事前結合フィールドにも値が入るので、RDMLを使って普通の仮想フィールドと同じようにアクセスできます。顧客ファイルからの読み込み処理を明示的に記述する必要はありません。

頻繁にファイル・アクセスが発生する場合、その内容が変化しないのであれば、「保管数」属性を適切に設定することにより、入出力負荷を軽減できます。

例2

「商品配送管理」ファイルに「配送元倉庫コード」と「配送先倉庫コード」の各フィールドがあって、倉庫に関する詳細情報を、事前結合フィールドの機能により取得する例です。

例3

いくつかの明細行の金額を検索し、合計値を求めて表示する例です。

するとRDMLエディターで、合計金額および商品数を表すフィールドを使って処理を記述できるようになります。明細行を参照する処理を明示的に記述する必要はありません。

例4

注文の明細行ごとに金額を計算する例で、事前結合フィールドと仮想フィールドを使います。

製品の単価(事前結合フィールド)と金額(仮想フィールド)を、RDMLのSELECTコマンドに埋め込んで定義することにより、それ以外のRDMLコードを記述することなく計算できます。

次のトピックも参照してください。

事前結合フィールドの考え方