IBM i RDMLX外部ファイル

この機能を使用してLANSAファイルをロードしないでください。その代わり、新しい区画で使用する定義をエクスポート/インポートしてください。ファイルをコンパイルしないでください。ユーザーのライブラリを設定して、ファイルおよび入出力モジュールにアクセスします。

以下に述べる事項はRDMLX外部ファイルに関するものです。RDML外部ファイルについては、『LANSA/AD ユーザーガイド』の「LANSA により管理されないファイル定義のロード」を参照してください。

IBM i用外部ファイルをRDMLX用に読み込むと、LANSAで広範なフィールド・タイプに対応できます。詳しくは『LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「フィールド・タイプ」を参照してください。

データベース列が次の条件を満たす場合は、読み込みの際に無視されます。

DateTimeフィールドについては特別な取り扱いが必要です(「Timestamp 型、DateTime 型の列の取り扱い」を参照)。

IBM i用外部ファイルの外部定義をLANSA側で変更することはできないので、LOB(Large OBject)用に列を追加することもありません(「追加のLOB列がない場合」を参照)。

WindowsとLinuxの場合、IBM i外部ファイルはLANSAファイルと同様に扱われます。LANSAファイルでサポートされていない機能を備えた一部のIBM i外部ファイルは、WindowsとLinuxでは正しくビルドまたは実行できない場合があります。

次のトピックも参照してください。

LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「外部ファイルのロード

BLOB/CLOB列の、RDMLX外部ファイルによる取り扱い