RDML PC用外部ファイル

PC 用外部ファイルを、RDMLX が有効でない区画に読み込んだ場合、データベース列の取り扱いに関する LANSA 側の機能は限定されたものになってしまいます。PC 用外部ファイルを使用する必要がある場合は、可能な限り、区画の RDMLX を有効にしておくようお勧めします。

RDML外部ファイルはSQLのNULL値を認識できません(「目次を表示」を参照)。

RDML外部ファイルでは、英数字型の列の最大長は256です(「目次を表示」を参照)。

数値型の列については、有効桁数が30桁以内、小数点以下は9桁以内であり、浮動小数点数は固定小数点数に変換されてしまいます(「目次を表示」を参照)。

次のトピックも参照してください。

RDMLX PC用外部ファイル