追加のLOB列がある場合

以下の説明は、[LOB型サポートを追加] を選択したPC用外部ファイルに関するものです。

作成したLANSAファイルに列を追加して、BLOBやCLOBを格納することができます。この場合、BLOB/CLOBフィールドごとに「ファイル名」列が追加され、その初期値はNULLになります。When an insert or update of a file is carried out by LANSA, a filename value will be stored into this column.

ファイルから行を読み戻すとき、BLOBやCLOBがNULLでないのにファイル名がNULLであれば(LANSAが行の挿入/更新をしなかった場合)、ランダムなファイル名が生成されます。ファイル名には拡張子として、CLOBならば「.txt」、BLOBならば「.bin」がつきます。また、同じディレクトリ内では一意的な名前になります。

一方、ファイル名欄がNULLでなければ、その名前のファイルを生成して使います。この機能は、どのようなファイル名になるか、読み込みの時点で知ることができて便利です。

次のトピックも参照してください。

追加のLOB列がない場合