4.2.4 プロセスの作成方法

プロセスは次のような方法で定義できます。

1.  手入力で記述する方法。

2.  既存のプロセスをコピーする方法。

オプション1。プロセスを手入力で定義する場合、名前、説明記述、タイプを指定する必要があります。プロセス名は標準命名規約に従い、区画内で一意に決めなければなりません。4.2.2 プロセスの表示形態は、次のいずれかとします。

多くの場合、SAA/CUA準拠のメニューを使うことになるでしょう。

オプション2。プロセスをコピーする場合、プロセス定義全体を一括してコピーする必要があります。プロセスに属するファンクションもすべてコピーしなければなりません。注:ファンクション名は区画内で一意でなければなりません。プロセスをコピーすると、同じ名前のファンクションができてしまうので、あらかじめ改名しておかないとコンパイルに失敗してしまいます。

次のトピックも参照してください。

Visual LANSA ユーザーガイド』の「プロセスの作成

LANSA テクニカル リファレンスガイド』の「プロセス定義