4.3.4 ビジュアル・スタイル

Visual LANSAコンポーネントの外観は、ビジュアル・スタイル・コンポーネントに制御されます。ビジュアル・スタイル・コンポーネントは、フォント、カラー、および3D効果などのアプリケーションの外観を制御します。

1つのビジュアル・スタイルを設定し、アプリケーション全体を制御できます。これにより、絶対的に統一でき、1つの設定の変更で全体的な変更が可能になります。ビジュアル・スタイルは、複数言語対応なので、1つのスタイルで異なる言語の異なる設定を定義できます。

テキスト・ラベルなどの項目の表示方法を定義するために、LANSAでは、ビジュアル・スタイル・プロパティと呼ばれるコンポーネントのプロパティをサポートします。このプロパティは、LANSAリポジトリで定義されるビジュアル・スタイルに割り当てることができます。

例えば、LANSAに用意されたVS_Normビジュアル・スタイルは、ラベル用に以下のプロパティを定義します。

 

BorderStyle

3DLeft (3D効果、左側の影)

NormBackColor

ButtonFace (WindowsのBUTTONFACEシステム値でボタンに指定された色、通常グレー)

TextColor

WindowText (WINDOWTEXTシステム値でウィンドウのテキストに指定された色、通常黒)

Face Name

MS Sans Serif

FontSize

8ポイント

VS_Normビジュアル・スタイルは、以下のように表示されます。

0000007c

LANSAには、定義済みのビジュアル・スタイルが付属しています。これらのビジュアル・スタイルを使用または変更でき、独自のビジュアル・スタイルを作成することもできます。ビジュアル・スタイルから十分なメリットを引き出すためには、これらを集中管理する必要があります。

以下も参照してください。

4.2 コンポーネントの定義

Ý 4.3 コンポーネントのタイプ