4.2.9 [レイアウトウェブレット]

Webアプリケーション・モジュールにのみ適用されます。

WAMの初期値レイアウトとして使用されるレイアウトウェブレットの名前。

レイアウトウェブレットは全てのWebページで必要とされる基本的なHTMLドキュメント構造(html、head、body、script、style等)を提供します。

Webページの一貫した外観を保つために、サイト・レイアウトウェブレットを作成し、使用することをお勧めします。

選択できるレイアウトウェブレットには以下のようなものがあります。

保有するサイトのレイアウトウェブレットは、Webアプリケーション・レイアウト・ウィザードを使用して作成することもでき、独自のレイアウトウェブレットの作成を選択することもできます。

このフィールドをブランクにすると、LANSAは初期値レイアウトウェブレットを使用します。

LANSAは指定した、もしくは初期値のレイアウトウェブレットを使用するWAMに固有の初期値のレイアウトを生成します。

固有のレイアウト・ウェブレットを使用するWAMが生成されると、その後のすべての新しいWAMダイアログは同じレイアウトを使用するために既定値となります。

以下も参照してください。

『Web アプリケーション モジュール(WAM)』「WAM レイアウトとレイアウト ウェブレット」

『Visual LANSA ユーザーガイド』「WAMの作成」

Ý 4.2 コンポーネントの定義