9.8.10 Difference

Differenceは、対象日と目的日の日数差を返します。

入力パラメータ

Object - 比較の対象となる日付

以下の例では、値1が返されます。すなわち、明日は、今日の1日後または今日の日付より1日大きい日付です。

#DaysDiff := #Tomorrow.Difference(#today)

 

以下のようにパラメータを逆にすると、結果は-1になります。すなわち、今日は、明日より1日前または明日の日付より1日小さい日付です。

#DaysDiff := #Today.Difference(#Tomorrow)

 

Ý 9.8 Date 型組み込みファンクション