9.6.26 IsBoolean

IsBoolean は、文字列を検査して、ブール値として使用できるかどうかを判断します。値をブール値として使用できるかどうかは、Truecaptionおよび Falsecaptionパラメータで定義します。

一般に、IsBooleanは、実行時エラーの可能性をトラップできるよう9.6.1 AsBoolean の前に使用します。

入力パラメータ

Falsecaption - Falseのブール状態を表す値

Truecaption - Trueのブール状態を表す値

入力パラメータが指定されない場合、文字列TrueもしくはFalseが返されるでしょう。

以下の例では、IsBooleanは、文字列値NまたはYを想定します。

If (#String.IsBoolean(N Y))

 

#Button.Enabled := #String.IsBoolean(N Y)

 

Else

 

* Error processing

 

Endif

 

上記の例は、以下の例と同等です。

Case of_Field(#String)

 

When (= Y)

#Button.enabled := True

 

When (= N)

#Button.enabled := False

 

Otherwise

Abort Msgtxt('String value cannot be converted to a Boolean')

 

Endcase

 

Ý 9.6 Alphanumeric/String 型組み込みファンクション