9.9.2 AsCustomDisplayString

AsCustomDisplayStringは、提供された文字列形式を使ってフォーマットされた日付や時間を戻します。

入力パラメータ

パラメータ 1:CustomDateFormatに指定されたフォーマットにより構成された、日付の文字列形式。有効な日付形式の詳細については、コンテキスト・ヘルプの説明を参照してください。

パラメータ 2:CustomTimeFormatに指定されたフォーマットにより構成された、時間の文字列形式。有効な時間形式の詳細については、コンテキスト・ヘルプの説明を参照してください。

#STD_TEXT := #STD_DTIMX.AsCustomDisplayString( 'DD/MM/YY' 'hh.mm.ss TT' )

上記の例の出力07/08/12 05.03.09 PM

 

#STD_TEXT := #STD_DTIMX.AsCustomDisplayString( 'DDDD, DD MMM YYYY' '(H:mm)' )

上記の例の出力Wednesday, 07 Nov 2012 (17:03)

 

Ý 9.9 DateTime 型組み込みファンクション