CarouselItem クラス - ItemRealizing イベント

アイテムのデザイン インスタンスの実施時、通常はアイテムがビュー ポートに入ると起動されます。

CarouselItem クラス (PRIM_CARO.CarouselItem) のメンバ

パラメーター

名前タイプデータ タイプ記述
Item*InputPRIM_CARO.CarouselItemカルーセル アイテムへの参照

詳細

ItemRealizing イベントは、デザインインスタンスが実現されたときにトリガーされます。
 
Carousel の DesignCreation プロパティが Immediate に設定されていると、デザインインスタンスが作成時に実現されます。OnViewing に設定されている場合、必要なときにのみデザインが実現されます。これにより、必要に応じてアイテムの更新のオーバーヘッドを遅らせることができます。
 
この機能はLANSA内部で使用されるものであり、開発時に使用されることはありません。
 
Carousel でイベントを実現するアイテムを処理する方が、 OnItemRealizing インターフェイスメソッドを使用して管理するより効果的です。

OnItemLostFocus インターフェイスメソッドの使用
Mthroutine Name(OnItemRealizing) Options(*Redefine)
   #Com_owner.Update
 Endroutine

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1