リストボックス列 (PRIM_LBCL)

リスト ボックス内の列の動作およびデータ クラスを定義します。

祖先 - ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

列は、データクラスとデータの外観をリストで定義します。
 
列は、ソート順、キャプション、列ヘッダー、およびコントロールの他の多くの視覚的な機能を制御します。
 
リストは 1 つか複数の列で構成され、それぞれが異なるリポジトリフィールドをソースとして使用します。

列を主ソートに設定する。
#Column.SortPosition := 1

プロパティ

名前記述
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
DisplayPositionDisplayPosition はリストの列の順番を設定するためのプロパティです。
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parent列を含むリスト ボックスへの参照
SortDirectionSortDirection はリストの項目順を昇順または降順にすることを設定するためのプロパティです。
SortPositionSortPosition は並びに対してフィールドの順位を設定するためのプロパティです。
SortType列がどのようにソートされるかをコントロールします。
Sourceこの列を定義し、データを保管するために使用されるリポジトリ フィールドの名前
UsePicklistUsePicklistはPicklistを使用するか制御します
ValueAt指定の位置の値
VisibleVisible はコンポーネントを表示/非表示するためのプロパティです。
WidthWidth はコンポーネントの幅を設定するためのプロパティです。
WidthType列幅の設定法を指定するためのプロパティです。

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 リストボックス列 (PRIM_LBCL) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 リストボックス列 (PRIM_LBCL) より継承

メソッド

名前記述
SetValueAt指定行のセル値を設定
Result, Row, Value

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1