数値組み込み関数 - IsTime メソッド

変数が有効な時間かどうか確認

数値組み込み関数 (PRIM_LIBI.INumberIntrinsics) のメンバ

パラメーター

名前タイプデータ タイプ記述
Result*Result (任意)ブール値変数が有効な時間の場合、TRUE
Format*Input (任意)列挙時間の形式

詳細

IsTime は、文字列を指定の形式の有効な時刻に変換できる場合に True を返します。
 
一般に、 IsTime は、エラーの可能性をより適切に処理するために AsTime の前に使用します。

許可される形式

列挙値説明
HHMMSS 例) "113045"
Seconds00:00:00 からの秒数

この例では #Variable が #Result に代入される前に HHMMSS の形式であることを確認するためにテストされています。
If (#Variable.IsTime(HHMMSS))
   #Result := #Variable.AsTime(HHMMSS)
 Endif

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1