Unicode 組み込み関数 - Centre メソッド

変数内で文字列を中央揃え

Unicode 組み込み関数 (PRIM_LIBI.IUnicodeIntrinsics) のメンバ

パラメーター

名前タイプデータ タイプ記述
Result*Result (任意)Unicode 文字列結果の中央寄せされた文字列
Length*Input (任意)整数中央寄せする文字列の長さ
Pad*Input (任意)Unicode 文字列文字列が変数を埋めなかった時に使用する埋め込み文字

詳細

Center は、文字列を指定された長さの中央に配置することを可能にし、オプションで結果に文字を埋め込みます。先頭スペースおよび末尾スペースは意味を持ち、センタリングする文字列の一部として評価されます。
 
文字列がターゲット変数より長い場合、文字列の最初の n バイトが使用されます。文字列のセンタリング結果が奇数バイトの場合、右側に追加のバイトが割り当てられます。
 
通常、センタリングは、ターゲット変数内で値をセンタリングするために使用します。長さパラメータを使用すると、文字列の中央と詰め方を制御できます。
 
センターは、ターゲット文字列内の文字列を中心にするためにのみ使用できます。これは、フォントが非比例で使用されている場合、結果が視覚的に中央に置かれることを保証するものではありません。

この例では、 #String が、値が "Centered Text" の 40 バイトの変数の場合、結果は "***Centered Text****" になります。#string の残り 20 バイトは NULL になります。
#Target := #string.Center(20 ?*?)
この例では、文字列が、  "Centered Text" の 20 バイトの変数を含む場合、結果は "  Centered Text  " になります。  Centered Text  ?.これは、ターゲットの長さによってテキストのセンタリングが制御される一般的なセンタリングです。
#Target := #string.Center( #Target.FieldLength)

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1