Unicode 組み込み関数 - Compare メソッド

2つの文字列を比較

Unicode 組み込み関数 (PRIM_LIBI.IUnicodeIntrinsics) のメンバ

パラメーター

名前タイプデータ タイプ記述
Result*Result (任意)列挙比較の結果
To*InputUnicode 文字列比較する値
CompareKind*Input (任意)列挙値をどのように比較するか定義
IgnoreCase*Input (任意)ブール値値の比較時、大文字と小文字の区別をしません。

詳細

2 つの値を比較して、それらが等しいかどうかを判断します。これは、 Tree や Tile などのコントロールにある組み込みのソートメカニズムに役立ちます。ツリーやタイルは、データのシーケンスがユーザーによって定義されます。
 
可能な結果は次のとおりです。
列挙値説明
Equal値は同じ
Greater対象が比較対象より大きい
Less対象が比較対象より小さい

Compare 組み込み関数の使用は、以下の記述と同じです。
If (#Subject > #Object)
   #Result := Greater
Else
   If (#Subject < #Object)
      #Result := Less
Else
      #Result := Equal
 Endif
 Endif

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1