Unicode 組み込み関数 - IsBoolean メソッド

文字列がブール値かどうか確認

Unicode 組み込み関数 (PRIM_LIBI.IUnicodeIntrinsics) のメンバ

パラメーター

名前タイプデータ タイプ記述
Result*Result (任意)ブール値変数が有効なブール値の場合、TRUE
FalseCaption*Input (任意)Unicode 文字列FALSE 値として使用する値
TrueCaption*Input (任意)Unicode 文字列TRUE 値として使用する値

詳細

IsBoolean は、文字列を検査して、ブール値として使用できるかどうかを判断します。TrueCaption および FalseCaption パラメータは、ブール値の許容値を定義します。
 
IsBoolean は、潜在的な実行時エラーをトラップするために AsBoolean の前に使用されることがよくあります。
 
入力パラメーターが指定されていない場合、関数は True または False の値を要求します。

この例では、 isBoolean は N または Y の値を想定しています。
If (#String.IsBoolean(N Y))
   #Button.Enabled := #String.IsBoolean(N Y)
 Endif
これは、書き込みと同等です。
Case (#String)
When (= Y)
   #Button.enabled := True
When (= N)
   #Button.enabled := False
 
 Endcase

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1