ドロップダウン - DataClass プロパティ

DataClass プロパティはコンボボックス、編集ボックス、またはスピン編集の編集する位置に表示されている情報を制御します。

ドロップダウン (PRIM_LIST.DropDown) のメンバ

データ タイプ - PRIM_DC - データ クラス ベース クラス

詳細

DataClass プロパティは、編集のデフォルト動作をリポジトリデータクラスの動作によって上書きできるようにします。
 
データクラスを指定することにより、フィールドのデータ入力規則、例えばその型、長さ、小数点以下の場所に編集が続きます。
 
コンボボックスの編集領域は通常の編集であるため、書式設定や長さのチェックは行われませんデータクラスを定義すると、データ入力に使用される新しい変数が生成されます。

この例では、数値データクラスを使用して、コンボボックスの列が英数字として定義されているにもかかわらず、入力されたすべての値が数値であることを確認しています。
Function Options(*DIRECT)
Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_FORM) Height(271) Left(308) Top(220) Width(264) Clientwidth(248) Clientheight(232)
 
   Define_Com Class(#PRIM_CMBX) Name(#Combobox) Autoselect(False) Autoselectitem(False) Displayposition(1) Left(16) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(1) Top(16) Value('ABCDE') Width(217) Height(33) Fixedheight(False) Dataclass(#NumberDataClass)
   Define_Com Class(#PRIM_CBCL) Name(#CBCL_1) Displayposition(1) Parent(#Combobox) Source(#xDemoAlpha128)
 
   Define_Com Class(#xDemoNumber) Name(#NumberDataClass)
 
   Evtroutine Handling(#Combobox.Enter)
 
      #xDemoAlpha128 := #NumberDataClass.Asstring
      Add_Entry To_List(#Combobox)
 
 Endroutine
 
 End_Com

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1