Prim_list セル インターフェース (PRIM_LIST.IListCellDesign)

セルとして使用されている再利用可能パーツとリストが通信できるようにするインターフェース

祖先 - なし

詳細

List Cell Interfaceは、再利用可能なパーツが column としてリストに埋め込まれている場合に使用されます。
 
このインタフェースは、特定のリストアクションがいつ発生したかを示すために List が呼び出せるメソッドを提供します。
 
BEGIN_COM に含まれている * ListFields パラメータにより、再利用可能な部分にフィールド値をマッピングしたり、出したりすることができます。使用される各フィールドは、基礎となるデータリストの列になります。
 
再利用可能な部分のインスタンスは、リストに追加された各エントリに対して作成されます。
 
再利用可能なパーツをリストに埋め込むことで、データの表示にははるかに柔軟なアプローチが提供されます。

この例では、単純な部分は 4 つの別々の列を使用するのではなく、アドレスを単一のセルとして表示します。
Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_PANL *implements #prim_list.IListCellDesign *ListFields #ListFields) Displayposition(1) Height(68) Left(0) Tabposition(1) Top(0) Width(217) Layoutmanager(#TableLayout)
 
   Group_By Name(#ListFields) Fields(#Address1 #Address2 #address3 #postcode)
 
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO) Name(#TableLayout)
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO.Row) Name(#Row1) Displayposition(1) Parent(#TableLayout)
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO.Column) Name(#Column1) Displayposition(1) Parent(#TableLayout)
   Define_Com Class(#PRIM_LABL) Name(#gAddress) Caption('') Displayposition(1) Ellipses(End) Left(0) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(1) Tabstop(False) Top(0) Height(68) Width(217) Verticalalignment(Center) Marginleft(2) Marginright(2)
   Define_Com Class(#PRIM_TBLO.Item) Name(#LayoutItem) Alignment(TopLeft) Column(#Column1) Flow(Down) Manage(#gAddress) Parent(#TableLayout) Row(#Row1) Rowspan(3)
 
   Mthroutine Name(OnAdd) Options(*redefine)
 
      #gAddress := ("&1, &2, &3, &4").Substitute( #Address1 #Address2 #Address3 #PostCode.AsString )
 
 Endroutine
 
 End_Com

イベント

名前記述
CellChangedユーザーがセルのコンテンツに変更をした時に起動します

メソッド

名前記述
OnAddアイテム追加時に実行
ListItem
OnCellGotFocus再利用可能パーツがフォーカスのセルになる時に実行されます。
ListItem
OnCellLostFocus再利用可能パーツがフォーカスを失うと実行されます。
ListItem
OnDeleteアイテム削除時に実行
ListItem
OnDropDownValueChangedドロップダウンの値が変更されると、実行されます。
DropItem, Caption, Image
OnItemGotFocusアイテムがフォーカスのアイテムになった時に実行
ListItem
OnItemGotReference関連する参照が RelatedReference プロパティを使ってアイテムに割り当てられる場合に実行されます。
ListItem
OnItemGotSelectionアイテムの選択時に実行
ListItem
OnItemLostFocusフォーカスが別のアイテムに割り当てられた時に実行
ListItem
OnItemLostSelectionアイテムの選択が解除された時に実行
ListItem
OnItemRealizingコントロールの画面部分にデザインが入力される時に実行
ListItem
OnUpdate関連のリスト エントリーが更新された時に実行
ListItem

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1