PRIM_LIST.Number クラス - CurrentItem プロパティ

UI のタッチまたはリスト関連のコマンドにより最後に選択されたリスト内の項目

PRIM_LIST.Number クラス (PRIM_LIST.Number) のメンバ

データ タイプ - PRIM_LIST.NumberCurrentItem - 現在のリスト アイテムの数値へのアクセスを提供します。

詳細

CurrentItem は、マウス、キーボード、または SELECTLIST や GET_ENTRY などの LANSA リストコマンドのいずれかによって最後にタッチされたリスト内の項目です。
 
CurrentItem が設定されると、リスト定義に関連付けられたフィールド値がコンポーネントに返されます。これにより、イベントが発生したときに最後の項目のフィールド値が正しいことが保証されます。
 
最後にクリックされた項目を識別するために CurrentItem を使用する場合は注意が必要です。これは実際には FocusItem になり、別の項目がクリックされるまで変更されません。しかし、 CurrentItem は単純な MouseOver の影響を受ける可能性があります。
 
Currentitem は、リストに直接関連する処理、たとえば DoubleClick イベントや SELECTLIST に最適です。
 
最後のアイテムを処理するためにボタンをクリックするなど、外部ソースによって操作されるアクションを処理する場合は、 FocusItem を使用することをお勧めします。
 
FOR コマンドを使用してリスト内の項目を反復処理しても、 CurrentItem には影響しません。

CurrentItem を使用して、リストに追加された最後の項目のイメージを設定します。
Add_Entry To_List(#List)
#List.CurrentItem.Image <= #Image1
SELECTLIST ループで CurrentItem を使用してゼロ値を非表示にする。
SelectList Named(#List)
 
   #ColumnSalary.CurrentItem.Visible := (#Salary <> 0)
 
 EndSelect
FOR コマンドを使用すると、並べ替えられた順序で項目が繰り返し処理されますが、 CurrentItem は設定されません。
 
GET_ENTRY を使用して、フィールド値がコンポーネントに返されるように、 CurrentItem を設定します。
For Each(#Item) in(#List.Items)
 
   Get_Entry Number(#Item.Entry) From_List(#List)
   * User processing here
 
 EndFor

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1