リスト ボックス - ItemLostSelectionAccept イベント

ItemLostSelectionAccept アイテムがフォーカスされた時に発生します

リスト ボックス (PRIM_LTBX) のメンバ

パラメーター

名前タイプデータ タイプ記述
Accept*Bothブール値FALSE に設定して、イベントが続行するのを防ぎます
Reason*Input列挙イベントを発生させたアクション

詳細

ItemLostSelectionAccept イベントは、 ItemLostSelection イベントの直前に発生します。
 
これは、 ItemLostSelection イベントの代わりではなく、選択処理が中断される機会を提供します。
 
フォーカスが変化しないようにするには、 Accept パラメーターを False に設定します。

この例では、チェックボックスをオンにすると選択を変更できます。
Function Options(*DIRECT)
Begin_Com Role(*EXTENDS #PRIM_FORM) Height(469) Left(332) Top(244) Width(686) Clientwidth(670) Clientheight(430)
   Define_Com Class(#PRIM_LTVW) Name(#ListView) Columnbuttonheight(19) Componentversion(2) Displayposition(1) Fullrowselect(True) Keyboardpositioning(SortColumn) Left(8) Parent(#COM_OWNER) Showsortarrow(True) Tabposition(1) Top(8) Height(377) Width(657)
   Define_Com Class(#PRIM_LVCL) Name(#LVCL1) Displayposition(1) Parent(#ListView) Source(#EMPNO) Width(33)
   Define_Com Class(#PRIM_LVCL) Name(#LVCL2) Displayposition(2) Parent(#ListView) Source(#SURNAME) Width(36)
   Define_Com Class(#PRIM_LVCL) Name(#LVCL3) Displayposition(3) Parent(#ListView) Source(#GIVENAME) Width(25)
   Define_Com Class(#PRIM_CKBX) Name(#AllowSelectionChange) Caption('Allow Selection Change?') Displayposition(2) Left(8) Marginleft(2) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(2) Top(391) Width(161) Buttonstate(Checked)
 
   Evtroutine Handling(#Com_owner.CreateInstance)
 
      Select Fields(#ListView) From_File(pslmst)
 
         Add_Entry To_List(#ListView)
 
 Endselect
 
 Endroutine
 
      Evtroutine Handling(#ListView.ItemGotSelectionAccept #ListView.ItemLostSelectionAccept) Accept(#Accept)
 
         #Accept := (#AllowSelectionChange.buttonState = Checked)
 
 Endroutine
 
      Evtroutine Handling(#ListView.ItemLostSelection)
 
         #Com_owner.Caption += (#Empno + " ")
 
 Endroutine
 
 End_Com

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1