パネル - RenderStyle プロパティ

コントロールのレンダリングに DirectX、または Win32 を使用する、もしくは親に従うかを定義

パネル (PRIM_PANL) のメンバ

データ タイプ - 列挙

詳細

RenderStyle プロパティは、 LANSA ランタイムがユーザーインターフェイスを作成および維持する方法を指定するために使用されます。
 
これは RNDR ランタイム変数から導出されます。
 
現代のすべての LANSA アプリケーションは、DirectX (RNDR = X) を使用する必要があります。
 
もともと、 LANSA は Win32 の機能 (RNDR = W) を使って画面をレンダリングしました。下位互換性を保ち、 Win32 からの DirectX への段階的な移行を可能にするため、 LANSA は、混合環境 (RNDR = M) の使用をサポートしています。そしていくつかのフォームと再利用可能な部分は、アプリケーションの大部分が Win32 を使用している間に、 DirectX を使用してをレンダリングできます。
 
RenderStyle プロパティを使用すると、一部の再利用可能なパーツとパネルを動作するために DirectX として実行できます。
 
既定の RenderStyle は Application であるため、アプリケーションが RDNR = X を使用して実行している場合は、このプロパティを特に設定する必要はありません。

許容値

列挙値説明
DirectXパネルを DirectX を使用して実行
Parent親コントロールの RenderStyle に従う


 
 

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1