Web アプリケーション - URLChanged イベント

URL が変更される時に常に起動されます。

Web アプリケーション (PRIM_WEB.Application) のメンバ

詳細

URLChanged イベントは、ページの URL が変更されるたびに発生します。これには、ページが最初にロードされるときも含まれます。
 
URLChanged イベントの主な利点は、追加のデータを URL に添付できることです。これにより、ページが読み込まれた後にURLのディープリンクおよびプログラムによる処理が可能になります。
 
URL の QueryString 部分 (疑問符の後の名前と値の組のセット) は URLParameters プロパティを使用して処理できます。

この例では、 Employee がクエリ文字列を検出すると、 Value が使用されます。
Evtroutine Handling(#sys_web.URLChanged)
 
   If (#sys_web.URLParameters&ltEmployee> *IsNot *null)
 
      #Com_owner.ShowDetails( #sys_web.URLParameters&ltEmployee&gt.Value )
 
Else
 
      #Com_owner.HideDetails
 
 Endif
 
 Endroutine

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1