PRIM_WEB.History クラス (PRIM_WEB.History)

ブラウザー履歴オブジェクト

祖先 - ブジェクト (PRIM_OBJT)

詳細

履歴を使用すると、ブラウザの履歴にアクセスできます。
 
ブラウザ履歴の操作は、現在アクティブなドメインに限られており、事実上 URL に追加される QueryString を格納する場所です。
 
これは主に、ユーザーのナビゲーションによって生成された逆方向情報を格納するのに便利です。

この例では、リスト内の項目にフォーカスがあるたびに従業員の詳細が表示され、項目が履歴に追加されます。
 
ユーザーが履歴を使用してページを表示すると、 URLChanged イベントを監視し、 URLParameters を処理して従業員番号を検出できます。
Evtroutine Handling(#List.ItemGotFocus)
 
   #Com_owner.Activate( #Empno )
 
   #Sys_Web.history.Add( ("Employee=&1").Substitute( #Empno ) )
 
 Endroutine
 
Evtroutine Handling(#sys_web.URLChanged)
 
   For Each(#Parameter) In(#sys_web.URLParameters)
 
      Continue If(#Parameter.Name.Uppercase <> Employee)
 
      #Com_owner.Activate( #Parameter.Value.uppercase)
 
 Leave
 
 Endfor
 
 Endroutine

プロパティ

名前記述
ComponentClassNameコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentMembersこのコンポーネントの全てにアクセスできるようにします。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentPatternNameコンポーネントのクラスを制限します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTagインスタンス用に値を格納できる汎用スペース ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeComponentType ではコンポーネントのタイプ情報にアクセスできます。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
ComponentTypeNameComponentTypeName 十分適格なコンポーネントのクラス名です。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Nameコンポーネントの名前 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Ownerコンポーネントのオーナーです。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
Parentこのインスタンスが添付されているコンポーネント インスタンス。コントロールのビジュアル コンテナまたは子インスタンスのコレクション ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承

イベント

名前記述
CreateInstanceコンポーネントを作成する時に CreateInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承
DestroyInstanceコンポーネントが解除される前に DestroyInstance のイベントを実行します。 ブジェクト (PRIM_OBJT) より継承

メソッド

名前記述
Addブラウザー履歴にアイテムを追加します。
QueryString
GoBack前の URL にナビゲートします。
Step
GoForward後続の URL にナビゲートします。
Step

参照

すべてのコンポーネント クラス

テクニカルリファレンス

2018 - V14SP1