2. Web サーバーの立ち上げと稼働

本題に入る前に、まずは現在の Web サーバーとアプリケーション・サーバーが正しく構成され、立ち上げられて稼働していることを確認してください。

まず、Visual LANSA IDE で [ファイル] メニューから [オプション] を選び、[LANSA の設定] を開きます。

 

適切な [テスト] ボタンを選択して、Web サーバーが稼働していることを検証します。localhost URL のみ自動的に設定されます。このことは、正しいポートを使って自身で検証する必要があります。

IBM i Web サーバーのためのリンクや、必要であればテスト用に使用する別の Web サーバーを追加することもできます。

この [テスト] ボタンは、デフォルトのブラウザから次のような url で Web ページ xvlwebtst を起動します。

http://<ドメイン>:<ポート>/<システム名>/<区画>/xvlwebtst.html?lang=eng

以下のような Web ページが表示されます。ページのボタンを押して、アプリケーション・サーバーも稼働していることを確認してください。

アプリケーション・サーバー・ボタンがエラーになった場合は、以下を試してください。

それでも問題がある場合は、「20. トラブルシューティング」を参照してください。