7. オフラインのアクセス

Web アプリケーションのオフライン機能はますます重要となっています。

オフラインでもアクセス可能な Web サイトを設計することで、以下が可能となります。

オフライン実行は、多くのデスクトップ・スタイルのアプリケーションでは実用的ではありませんが、モバイル・アプリケーションでは非常に便利です。例えば、リモート・ユーザーが電波が届かない時に、クライアントのデータを入力する場合などが考えられます。アプリケーション・エラーになる代わりに、データはドメインのローカル記憶域に保管され、接続が再開され、サーバーに送信する準備が整った時に取り出されます。

このローカル記憶域の容量は、ブラウザとデバイス次第です。通常の携帯電話には容量に限度があり、2MB ほどですが、デスクトップのブラウザであれば 5MB 以上が許容されます。