9. イメージ表示

「百聞は一見にしかず」という諺にあるとおり、ユーザー・エクスペリエンスを向上させるためには、Web アプリケーションにイメージを加えて、視覚に訴えることには意義があります。どのくらいの量のイメージをどこに挿入するかは自由に決定できますが、それらをどう保存し、アクセスするかも同様に重要な事項なので、しっかりと検討する必要があります。

イメージはデーターベースに保存する、または Web サーバーにアップロードして、直接サーバーからアクセスすることも可能です。