9.3 イメージをビットマップとしてリポジトリに保存

少々紛らわしいかもしれませんが、リポジトリのオブジェクト・タイプが「ビットマップ」であっても、実際は .bmp、.jpg (または .jpeg)、もしくは、.png のイメージとして保存することができます。(.gif ファイルはサポートされません) これは、ロゴ、ソーシャルメディアのアイコン、静的イメージなどを Web アプリケーションに組み込む際に便利な方法です。

ビットマップのオブジェクトは、以下の例のように Web ページや再利用可能パーツに加えることができます。

 

Define_Com Class(#PRIM_IMAG) Name(#Image1) Displayposition(11) Height(90) Image(#XSLansaTools) Left(0) Parent(#COM_OWNER) Tabposition(11) Tabstop(False) Top(3) Width(300)