11.2 コンソールへのログ

ブラウザ・コンソールは、コンソール・オブジェクトを通じて Visual LANSA で使用できるようになり、SYS_WEB のプロパティとして発行されます。次のようなコードを使って、メッセージや情報をコンソールに簡単にログを残すことができます。

 

#sys_web.Console.Log( #Message )

 

これにより、実行時に詳細がコンソールにログが残されるようになります。ブラウザ・コンソールをアクティブ化するには、ブラウザ内で F12 を使用し、メニューから [コンソール] を選択します。

ブラウザ開発者ツール (コンソールを含む) の詳細については、「19.10 ブラウザ開発ツール - Web 開発者の最強の味方」を参照してください。