11.6 セッション記憶域とローカル記憶域

ブラウザのセッション記憶域とローカル記憶域の機能は、それぞれ SYS_WEB.SessionStorage と SYS_WEB.LocalStorage 経由で使用できるようになります。

SessionStorage と LocalStorage はドメインに属する物理記憶域です。

セッションやローカルの記憶域の使用はクッキーよりも安全性が高く、パフォーマンスに影響を与えることなく、大量のデータを保管することが可能です。

格納できるデータ量はブラウザとデバイスに完全に依存しますが、10Mb にすることも可能です。大量データをブラウザ記憶域機能を使用するつもりであれば、ターゲット・プラットフォームやデバイスの性能について念入りに調べておくことをお勧めします。

 

 

* 提供された値をブラウザのローカル記憶域に保存

Mthroutine Name(SaveValue)

Define_Map For(*Input) Class(#Prim_alph) Name(#Name)

Define_Map For(*Input) Class(#Prim_alph) Name(#Value)

 

If (#sys_web.localStorage<#Name> *Is *null)

 

#sys_web.localStorage.Add( #Name #Value )

 

Else

 

#sys_web.localStorage<#Name> := #Value

 

Endif

 

Endroutine

 

* ブラウザのローカル記憶域からの値の復元

Mthroutine Name(RestoreValue)

Define_Map For(*Input) Class(#Prim_alph) Name(#Name)

Define_Map For(*Result) Class(#Prim_alph) Name(#Result)

 

If (#sys_web.localStorage<#Name> *IsNot *null)

 

#Result := #sys_web.localStorage<#Name>

 

Endif

 

Endroutine