16.1 追加リソース

[統合] タブに追加されたリソースはすべて Web ページのために生成された HTML に含まれるので、アプリケーションで参照することができるようになります。例えば、例 xDemoWebGoogleFonts では、フォント・ファミリーに対応するスクリプトのセットが [統合] タブに追加されています。

Web ページがコンパイルされると、生成された HTML には次のような参照が含まれます。

<body style="height:100%; margin-left:0px;margin-right:0px;margin-top:0px;margin-bottom:0px">

      <script src="/%{lansa_webalias}%/lansa_14_1_0_0/lansa.js"></script>

      <link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Ubuntu">

      <link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Lato">

      <link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Raleway">

      <link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Montserrat">

      <link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Lobster">

      <link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Play">

      <link rel="stylesheet" type="text/css" href="http://fonts.googleapis.com/css?family=Roboto">

      <script>

 

つまり、ランタイムのコードでスタイル・シートを参照する時、提供されたスクリプトを使って、適切なスタイルが適用できます。